07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | 本文: --

防音ケースの制作 

さて、我が家でCNCフライスを使い始めて数か月が経ちましたが、重大な問題が浮上してきました。
その問題とは、「騒音」です。
こう見えてアパートに一人暮らししているので、周囲の部屋に迷惑をかけないようにする必要があります。
CNCフライスを買ってすぐ初期はSPF材(合成木材)や塩ビを切削していたので切削音はまったく気にならなかったのですが、アルミの切削をしはじめてから騒音が重大な問題になってきました。

しばらくは夜間に切削しないようにしていましたが、効率が悪いので、24時間体制で切削できるように「防音ケース」を制作することにしました。

構造としては簡単なもの。木製の箱を制作して、内側に発泡スチロールとスポンジを貼るというものです。
下の写真が材料です。(発泡スチロールとスポンジが入ってない)

IMG_3477_20131026152734dfe.jpg

まずは木箱を組み立てます(私の研究室で切断したものを地下鉄で運んできました)。
部屋が汚いのは仕様です。

IMG_3481.jpg

完成した木箱の写真がこちら↑
しかし隙間がたくさんあるので、建築用のシリコンを隙間に注入していきます。

ちなみに扉部分には硬質のスポンジを張り付けて、ぴっちり閉まるようにしました。

建築用シリコン使うの久々ですねー部活の倉庫の建築以来でしょうか。

IMG_3487.jpg

この穴はCNCフライスのUSBケーブルと電源、内部照明の電源を通すためのものです。

IMG_3540.jpg

木箱の内側に厚さ10mmの発泡スチロール板を詰めていきます。
これは倉庫建築での断熱材詰めで慣れたもんです。

そして最後に厚さ20mmのスポンジを貼りつけていきます。
消音専用のスポンジではない、安いスポンジです。

IMG_3547.jpg

そして完成。CNCフライスがやけに小さく見えますが、箱が大きいだけです。
何故こんなに大きく作ったのかは謎ですが(は

机の下に入れる予定が、机の下の部分より1cm高く設計してしまったため、急遽ドラフト装置の上に設置しました。振動防止の厚さ5cmのゴム塊も入れ、振動対策は万全。
このCNCフライスの下には圧力分散と油受けとしてトレイが敷いてあります。
パンとかを入れる容器の蓋です。サイズがぴったりだったので(笑

IMG_3483.jpg

実はこのようなLEDライトを買って、配線を用意していたのですが、切削スケジュールの切迫により、設置は前倒ししてしまいました。そのうちつける予定(?

そして完成品のレビューなのですが、

非常に静か!ほとんど切削音が聞こえない!

大成功ですね。
これは長年愛用することになりそうです。大きさも欲張って大きめにしたおかげでハンドル操作とかメンテナンスが楽です。部屋の中でこの防音ケースが放つ存在感は異常ですが。

スポンサーサイト

テーマ: 制作日記

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 立体機動装置の制作(簡易版)  |  旋盤の購入 »

この記事に対するコメント:

コメントの投稿

Secret

トラックバック:

トラックバック URL
→http://joshualawn.blog.fc2.com/tb.php/86-80b38ce4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。