09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | 本文: --

ロケット開発なのだっ! 

長らく更新しなかったことを深くお詫b\感謝!陳謝!十六夜!/申し上げます。
えーーはい。最近頭がアレなんで。
後輩から「先輩の頭はおかしい」と度々言われているのですが、元からなのでどうも。

近況報告です!
先日(といっても何ヶ月も前)あったこれらのイベントで自分個人の研究が以下の賞をいただきました。
長崎県研究発表大会(物理部門) 最優秀賞

九州科学研究発表大会(物理部門) 最優秀賞
とりあえず長崎県の代表として全国大会に行くことが決定しました!
というか一人だけで研究発表をしてたのが自分だけで、ぶっちゃけ寂しかった・・・
大会開催側も複数人数による発表を前提にしていたらしく、スライド送りと発表の場所が別々だったりと鬼畜設定。自分のためにわざわざ無線のスライド送り装置を貸してもらった。

IMG_3011.jpg

ちなみに★
このトロフィーを学校の朝礼で渡された時、最初の賞状を校長先生が渡し終え、次にトロフィーを渡して貰えると思いきや、、、何故かトロフィーを順番が次だったサッカー部に渡そうとした。
すると朝礼の司会の先生が割って入ってきて、「これ科学部のですよ!」と。

どうせ「科学部だからこんなトロフィーもらえるわけがない」とでも思ったのか?

本気を出した結果がこれだよ!

IMG_0823.jpg

研究用風車のほうは計測機器をすべてアナログ信号に切り替えるために一時的に撤去してます。以前までは以下のような観測方法だったのですが、
【風速・風車出力】アナログ信号→→(データロガーで記録)
【風向】     デジタル信号→→(マイコンを通してパソコンに記録)

このデジタル信号があるがために計測機器を置きっぱなしにできない!
さすがに外にパソコン置きっぱなしにするわけにも行かないし。
ということでこれまでロータリーエンコーダー(アブソリュート)で記録していた風向を、思い切って赤外線を下の画像の色が入った透明板(自作)に照射して、反対側でセンサーで赤外線を受け取る・・・というものに切り替えました。
circle_edited-1.jpg
本体はコチラ↓
IMG_2480.jpg
まあ、全部アナログ信号になったのでやっと観測機器を放置プレイできる!
受験生にやさしい!(それ以前に勉強しろ

ちなみにあたらしい風速計を作った!
あと、長崎大学で風洞実験してきた!
やっぱり大学の風洞はいいね・・落ち着く。
ちなみに自分の風洞のほうが最高風速が高い。(大学30m/s・自分の32m/s)どやっ!
ピトー管で正確に風速を計測しつつ風速計の出力をチェック。
ここで自分の風速計が狂っていることが発覚。買い替え決定!
なんと1.2m/sくらいずれてた。
IMG_0666.jpg

↓風車のかっこいい写真(働かない写真班撮影)
IMG_0812.jpg

風車のすぐ下においてる観測機器です。
発泡スチロールの箱の中にフロート構造で計器箱が入ってます。
未だに水が侵入したことがない(ドヤッ
IMG_0805.jpg

で、本題です。
今度の文化祭で科学部が
モデルロケット打ち上げ
空撮バルーン
実験コーナー

をすることになりました。予算もばっちり取得!

自分は地味にモデルロケット発射従事者ライセンス3級をもっているので、ロケットをやることになりました。

・・・ということでロケットの発射台を作ることになったのですが、ちょうどこの頃に北朝鮮のミサイル発射とPAC3部隊の展開の騒ぎがあり・・・・その・・インスパイヤされて・・

こうなった

IMG_1011.jpg

前から

IMG_2475.jpg

なんかPAC3っぽくない?
すごく珍しい発射方式である「ガントリータワーランチャー式」を採用。
スペックは以下のとおり

名前:PACマン3
装弾数:4
垂直射程:320m(C型エンジン使用時)80m(A型エンジン使用時)
連射速度:4発/s
重量:40kg

個人的には自動で発射方向・発射角度の調整ができるようにして、遠隔操作したかったけど、時間が足りず。
IMG_2469.jpg

このレールにそってロケットが高速で打ち出されるというわけです。
うーん・・・やっぱり管から発射されるロケットはいいな!ロマンだ!

当日は精密な風速観測・上空風速観測(空撮バルーンに風速計をつけて)による精密な弾道予想が可能!もとから風関係の研究をしているのでこういうことには強いです。

ちなみにこれが↓失敗作。

IMG_3078w.jpg
ロケットの幅に合わせてレールを調節できるようにした結果、レールがぐらぐらに。
結局、一番ノーマルな24mmに合わせて固定しました。

ロケット自体の飛行テストの様子↓
名称未設定 1
発射管が15cmだったので、このあとロケットの羽根の寸法を小さいものに変更。
本番で使う5基(予備1基)は三倍速になるように真っ赤に塗る予定。
IMG_2866.jpg
ちなみに問題の発射場所がこれ↑
傾斜30°のけっこうきつい斜面。しかもロケットを落とせる範囲が斜面だけ。
(40m×100mくらい)
発射場所も科学部お得意の土木技術で完全に水平な発射台を設置。
場所が狭い・精密な発射が必要・・・なのに4発以上発射してほしいとの要望が・・
そういう厳しい環境で正確に発射を行うためにこの発射台は誕生しました。
本番に期待しよう!






スポンサーサイト

[edit]

« ガントリータワーランチャー紹介  |  新風車、車上試験へ! »

この記事に対するコメント:

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# |  | 2012/06/24 20:15 * edit *

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# |  | 2012/11/03 18:23 * edit *

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# |  | 2012/11/28 23:01 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック:

トラックバック URL
→http://joshualawn.blog.fc2.com/tb.php/79-4f535e3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。